2010年4月2日金曜日

「事業仕分け第2弾」始動!

 税金のムダづかいを徹底的に洗い出す事業仕分け第2弾の仕分け調査員になりました。
 民主党の当選1回の衆参両院議員95名が仕分け調査員となって、これから10日間で予算のムダづかいを調査していくことになります。私は、6名の同僚議員と一緒に、経済産業と防衛省に関係する公益法人の調査にあたります。

 
 本日午後1時30分から、枝野幸男行政刷新担当大臣、玄葉光一郎衆議院議員、蓮舫参議院議員、寺田学衆議院議員、尾立源幸参議院議員、加藤秀樹行政刷新会議事務局長の皆さんから、事業仕分け調査にあたっての留意事項などについての説明会がありました。

 今回は、省庁に関連する公益法人の事業において、税金がムダ無く有効につかわれているかを調査員が現場に出向いてチェックします。目標にいたる手段の効率性を評価していく作業です。とはいえ、そもそも対象の事業が、いつの時代の政策判断のもとに設定された目標に基づいているのかを視野に入れなければならない場合もあるかもしれません。やりがいのある、けれど難しい調査作業になるように思います。


 その後、参議院選挙にむけて民主党マニフェストの策定を協議・検討する研究会が開催されました。研究会には、国民生活研究会(会長:中野寛成衆議院議員)、成長・地域戦略研究会(会長:大畠章宏衆議院議員)、地域主権・規制改革研究会(会長:玄葉光一郎衆議院議員)の3つがあり、それぞれの分野における課題を全党挙げて議論していくことになります。私はすべての研究会に所属しているため、研究会のはしごをすることになりそうです。
 事業仕分け調査員の会議、そして、マニフェスト改定にむけた研究会とも、マスメディアにフルオープンでした。

 
 そして、もうひとつ大切なプロジェクトが進行しています。民主党の財務金融・決算行政監視合同議員政策研究会では、国民の皆さまにお約束した「特別会計原則廃止」にむけて、各省庁が所管する特別会計の実態を調査していくことを決めました。今日、希望する調査対象特別会計を選んで提出しました。
 
来週から、いちだんと忙しくなりそうです。体調管理を万全にして、しっかり仕事をしてまいります。